都心型循環濾過養殖とは?

都心や外郭地域での建物(ビル)で養殖及び水耕栽培を行うことで消費者との直取引(食堂などを運営)を通じて信頼性を付与することができ、流通マージンと物流費用を抜いて低廉な価格で農水産物を消費者に直接供給できて教育効果も齎すことができる未来型養殖方法である。高密度循環濾過システム及びアクアポニックス養殖を適用すれば良い効果を齎すことができる。システムを区分して多様な魚種の養殖が可能である。

Process

- 多層養殖水槽 : 敷地使用面積を最小化するために2~5層の多層水槽を使用する。(ABS四角水槽、PVC四角水槽)
- 水槽栽培 : 淡水の場合は蔬菜類、海水の場合は海藻類を同時に栽培することができる。


代表的な魚種

ウナギ、ヒラメ、メイタガレイの他